由比名産の新鮮な桜えび、しらすを網元から家庭へ通信販売します。安心・安全の天然そのものを網元直売でお届けしています。

かくまつ岩松商店 釣り船 不動丸

ご注文メモ

メモをクリア
 
桜えび漁の一日

クリックで拡大

PM 6:00 出港

出港の時間になると、由比漁港に属する約40隻がエンジン音を轟かせながら、我先にと漁場へ出港していきます。

クリックで拡大

PM 7:00 詮索・網入れ

魚群探知機を見ながら桜えびの魚影を目がけ、網を入れます。

クリックで拡大

PM 7:15 曳き上げ

2艘一組で網を引き、巻き上げていきます。

クリックで拡大

PM 7:25 漁獲

人の手を入れると、人の体温でエビが痛むため、吸い上げポンプを入れて、船上に送ります。

クリックで拡大

PM 7:30 引き上げたばかりの桜えび

上げたばかりの桜えびはまだ生きて飛び跳ねています。透明感が写真でわかるでしょうか?

クリックで動画再生

PM 7:30 鮮度保持

鮮度を保つため、氷水と一緒にカゴに入れていきます。

クリックで拡大

PM 9:00 由比港水揚げ

鮮度を落とさないうちに急いで漁港に戻り、水揚げします。
明朝の競りまで由比漁港全体が冷蔵庫となり、保管されます。

クリックで拡大

AM 6:00 競り

前日揚がった桜えびの競りが始まります。

クリックで拡大

AM 6:05 入札

入札は真剣勝負です。目利きと駆け引きで経験が試される瞬間です。
由比でも船と仲買権を持つのは当店のみです。

クリックで拡大

AM 7:00 落札

今日も良い桜えびを仕入れることができました。

クリックで拡大

AM 7:05 搬送

落札した桜えびはすぐにトラックに載せ、工場に運びます。
ここからは時間との勝負です。

クリックで拡大

AM 7:10 加工工場

当社の加工工場は漁港からわずか150メートル、1分もかかりません。
生桜えびや釜茹で桜えびは、直ちにここで加工されます。

クリックで拡大

AM 7:20 干場

干し桜えびは、車で10分程の富士川の河川敷で天日干しをします。

クリックで拡大

PM 1:00 取り込み

天候や気温によって様子を見ながら、仕上がった干し桜えびを取り込みます。